>

切れ味を復活させよう

砥石を使ったメンテナンス方法

包丁を研ぐ時に使う砥石は、中砥石があれば十分です。
他にも砥石の種類はありますが、初心者には扱いが難しく使いこなせません。
とりあえず中砥石を購入し、包丁を実際に研いでいきましょう。
まず包丁の滑りを良くするために、砥石を水に浸けてください。
30分ほど水に浸けたら砥石を取り出し、包丁の刃の部分に手を置いて、滑らすように動かします。

滑らせる時は前に押し出す時に力を入れて、引く時は力を抜きましょう。
全ての工程で力を入れると、無駄に包丁が傷ついてしまいます。
研ぎながら、刃の先を確認してください。
研ぐ前はボロボロになっていたと思いますが、研ぎ続けることで真っ直ぐになります。
刃の先全体が綺麗になれば終了で、あとは水でよく洗い、乾かしましょう。

もっと手軽な方法がある

キッチン雑貨を扱っているお店に行くと、包丁用のシャープナーを見つけられます。
シャープナーを使うことでも包丁を研げますし、砥石よりも簡単です。
砥石を使うのが不安だったら、こちらを代用しても構いません。
研ぎの職人に、作業を任せる方法もあります。
職人ならどんなに切れ味が悪くなった包丁でも復活できるので、自分の力ではどうしようもできない時に依頼してください。

職人にお任せするのは効果は最も高い方法ですが、高額な料金が掛かる方法でもあります。
事前に料金を確認したり、職人を比較したり、1年に1回など利用する頻度を決めるのが良い方法です。
料金が安くても安易に飛びつくのではなく、技術を持っていない可能性があるので気を付けましょう。


この記事をシェアする