>

汚れをそのままにしない

洗剤で洗うこと

水洗いだけして、洗ったことに満足しないでください。
一見、綺麗になったように見えますが、実際は目に見えないバイ菌や汚れがまだ付着しているので意味がありません。
包丁を綺麗にするためには、洗剤を付けて洗ってください。
この時に使う洗剤は、普通の食器洗い用の洗剤で構いません。

野菜や肉、魚を切ったらそのたびに洗剤で洗いましょう。
肉を切った後に洗わないで野菜を切ると、肉についていたバイ菌が野菜に移ってしまいます。
菌が付いたものを食べると人間の身体に悪影響を与え、病気を引き起こすかもしれません。
面倒かもしれませんが、健康を守るためにも1回1回洗って使いましょう。
きれいを保つことがが包丁の基本的なメンテナンスなので、毎日行わなければいけません。

乾いた布巾で拭こう

包丁を洗って放置すると、錆が発生します。
錆が発生してしまうと包丁が使えなくなるので、綺麗な布巾で拭いてください。
しっかり水気を拭き取ってから、棚にしまいましょう。
濡れたままの包丁を棚にしまうと内部で湿気がこもり、包丁だけでなく他の調理器具も錆び付いてしまいます。

包丁は、自分で洗ってください。
自宅に食洗器がある家庭が増えていますが、包丁などの刃物は洗えないことが多いです。
無理に食洗器に入れて洗うと、食洗器本体や包丁が傷つき、壊れる危険性があります。
包丁を洗う際は、柔らかいスポンジを使いましょう。
固いタワシでは、包丁を傷つける恐れがあります。
柔らかいスポンジでも、包丁の汚れを落とせるので安心してください。


この記事をシェアする