長く使えるように包丁をメンテナンスしよう

包丁のメンテナンスの重要性とおすすめのお手入れ方法

お気に入りの包丁を使い続ける

そもそも、なぜ包丁のメンテナンスが必要なのかと言うと、いつまでも切れ味が良い状態で使い続けるためです。
包丁は毎日使うものなので、使えば使うほど劣化しやすいと覚えておきましょう。
定期的なメンテナンスを行うことで、包丁の寿命を延ばせます。
ダメになったから買い替えるという行為を短い頻度で繰り返していると、出費が増えてしまいます。
使いつづけて切れ味が悪くなった包丁は、うまく食材が切れずケガをする恐れがあります。
料理中の安全性を高めるためにも、メンテナンスを欠かさないでください。

包丁を使い終わったら、すぐに洗うことを心がけましょう。
すぐに洗うことが、基本的なメンテナンスです。
水洗いだけで済ませるのではなく、洗剤を付けて汚れを落とし、さらに乾かしてください。
汚れや水滴をそのまま放置していると、錆び付く原因になります。

丁寧に毎日のメンテナンスを続けていても、包丁の切れ味が悪くなってしまうと思います。
その場合は、研いでください。
研ぐのは難しいと感じる人が多いですが、砥石があればできるので挑戦してみましょう。
研ぐ際のコツは包丁を滑らすように動かすことと、少しずつ研ぐことです。
もっと手軽に研ぎたい人は包丁用のシャープナーを使ったり、職人に研いでもらったりするのがおすすめです。
ベテランの職人に任せれば楽ですし、確実に切れ味が復活します。
職人にお任せする場合は、高額な料金が発生することを忘れないでください。
事前に料金を確認し、納得できた上で依頼するのが良い方法です。